春の穏やかな日

世間ではコロナウイルスでもちきりとなり、自粛要請もあることから外出することも気が引けてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもこのような穏やかな日には、外に出ずにはいられないだろう(仕事ついでに)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風も空気も日差しもちょうどよく感じることができること季節。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花見頃の日は、どこも満員なのだが、そもそも公園自体が閉鎖・封鎖されていて花見どころではないのが都立公園の現状。

人の集まるところにコロナウイルスあり! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という具合に夜の繁華街やスポーツクラブなどは特に制限がかけられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、自粛を意識しているからか、ネタが拾えないのか、

 

 

 

 

トピックスに挙がるネタの内容が読みに値しない稚拙な文章が多い。

 

 

 

 

 

 

 

誰もが特にこの状況でフラストレーションが溜まっているので、

 

 

 

物言いたくなるのは理解できるが、根拠のない、

 

 

 

 

 

言ったことに責任のないことをトピックスとして挙げるのは見るに堪えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界が萎えている時こそ、気分を穏やかに平静を保ちたいものである。

 

 

 

Appleサポート by MacBook ProからのiPhone7

月刊雑誌編集部になった時をきっかけに20年くらいアップル製品を愛用している。

 

 

 

 

 

 

 

 

時期で言うならば、世間がウインドウズ9598で騒いでいる頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時のMacintoshOS77.6でシンプルテキストでタイピングをしていると突然、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

固まったり、落ちたりといった不具合が生じていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォトショップでポジをスキャンしている時もそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不具合との付き合いが当たり前だった。

 

 

 

 

 

 

 

だから、こまめにセーブ(保存)をしてたし、

 

 

 

 

 

 

不具合の原因となる画面上にアイコンをいっぱい出さないとか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使っていないアプリケーションが立ち上がっていたら、シャットダウンしておくとか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無駄な接続をしないなどを心がけていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その癖がいまでも残っていてiPhoneの待受画面にはアイコンは2つくらいしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後はスワイプして画面を切り替えているようにしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな根っからのMacユーザーである私は、最近のアップル製品は以前ほどのトラブルはないと、

 

 

 

 

 

安易に受け入れていたのだが

 

 

 

 

 

去年、知人から譲り受けたMacBook Pro2016のシフトキーが凹んだまま戻らないという症状に見舞われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々をネットで修理価格や他にも同様の症状が出ている人からの口コミはないかと探していたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップルサポートでリコールが起きていることを知った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使っているMacBook Proもそのリコール製品の該当対象モデルとわかり早速、修理依頼をしたのが1年ちょっと前。

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以前にアップルサポートでお世話になったこと言えば、

 

 

 

 

 

 

 

 

iPadでアクティベーションロックがかかってしまった時に最高の応対をしてくれたことを覚えていたが、

 

 

 

 

 

そのとおり、すんなり且つ、丁寧に応対してくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして1年経ってまた、同じようにキーが凹んだまま戻らない症状が発生した。

 

 

 

 

 

今度はスペースキー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一応まだ保証内かな、大丈夫かな。前例があるし、電話だけでもしてみよう」と思い

 

 

 

 

 

 

 

アップルサポートに問い合わせたところ、

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり最高の応対をするとともに「まだ、この製品は無償対応期間のため、修理させていただきます」とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年前、郵送だったことから同じような手筈で進み前後の配送(集配)を数えて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日で対応してくれたことにまず、感謝したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様カスタマーサポートとして、他の業種にもこのような窓口は数多くあるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがその数あるカスタマーサポートの中でも世界ナンバー1といえるのが、アップルサポートだと自負している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がッ!! だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その3日の間に

 

 

 

 

今度は、愛用のスマートフォンiPhone7

 

 

 

 

圏外病(モバイルデータ不通)

 

 

 

になってしまったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再起動やSIMカードの出し入れなど、できる範囲での改善策をとり、

 

 

 

 

 

 

 

さらにネットで調べ、色々とトライしてみるのだが、やはり圏外・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方なく、連投になるが、アップルサポートにコンタクトをとってみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まず、◎#▲%◇のようなこともしてみてください」というので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方法に望みをかけながらトライしてみると、やはり圏外。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それどころか、初期設定の「こんにちは」からはじまってしまい、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挙句の果てには「アクティベート~~」というメッセージがでる始末。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこのiPhone7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップルサポートに電話する前にアップルサイトにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リコールが起きていたことを知って、アップルサポートに連絡したのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「試しにこちらの方法を~~」とオペレーターにアドバイスを受けた手順を踏んでしまっただがために! 

 

 

 

 

 

 

 

 

とも責任逃れ的な八つ当たり的な言い訳を言いたくなるなような深みにハマってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、これまた郵送にて送ることになったiPhone7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日間は使えないのが寂しい限り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不通になった当初は、データ通信ゲームをダウンロードする愚息がモバイルデータ不通に触れたのかと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

叱責したのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その矛先をアップルに真っ直ぐに向けられなかったのが痛恨のミスだろうと、自身の愚行を改めて痛感した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手順を踏んで、修理の調整をしてもらうと「圏外病以外のエラーを発見したら、その分は費用がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに画面が割れていたりすることはないでしょうね? この破損は修理しますので別途費用が」と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップルオペレーターの素っ気ない応対にとうとう溜まっていた感情が怒りとなって爆発してしまった! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイ! コラッ!! リコール製品を出しといて

 

 

 

 

 

 

 

 

無償サービスというだけでも手間とらせたのに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに他のメンテナンスまで因縁つけてくるんかッ! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オ~ッ! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ど~こ~ゆ~前に圏外病を治せやッ! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初からリコールが出てんだから、すんなり回収作業をせ~や!」

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話を切る手前で担当オペレーターに謝りはしたものの、とてつもない不快感だけが心の中に残ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一のサポートが心の中で虚しくも崩れ去っていった。

 

カメラ清掃ついでの試し撮り比べ<EOS7D2 VS EOS80D>

カメラは3台所有してて普段、スクールフォトではキャノンEOS7D2EOS80Dを使用している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18−200mm2本と24−105Ⅱが子どもたち担当に当てられ、

 

 

 

特に汚れが酷い(18−200mm2本あることからそれぞれA/Bとしよう)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさにトイ・ストーリー状態ともいえよう。

 

おもちゃをおもちゃとして扱うのではなく、投げたり、噛んだりしてみることをトイ・ストーリー状態とでも言おう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンズやボディは子供らにガンガンお触りされていることから、毎回、汚れが絶えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、清掃をしなければならないのだが、

 

 

 

 

 

 

 

今回は特に念入りにブラッシング、エア、クリーニング液を使って清掃をしてみた。

 

 

 

 

 

成果を自宅バルコニーから撮ってみた。

 

 

 

 

 

 

画像サイズのみを変えた他は画像処理は一切施していない。

 

 

 

 

 

 

まずはキャノンEOS7D21本目の18−200mmを望遠と広角のそれぞれを撮ってみた。

A望遠)EOS7D218−200mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO160(写真上)

(B望遠EOS7D218−200mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO160(写真下)

 

 

 

ハスキー4段の三脚を使い、垂直水平を保って撮っていることを了承を得たいのだが、ちょっと向きが変わってしまった。上下で比べてみて、レンズの差がわかるだろうか。

(A広角EOS7D218−200mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO160(写真上)

B広角EOS7D218−200mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO200(写真下)

 

 

 

 

望遠・EOS7D224−105mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO200(写真上)

 

広角・EOS7D224−105mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO200(写真下)

 

 

 

続いてEOS80Dにてまた同様のテストをしてみた。違いを見比べてほしい。もしかしたら、違いがないのかもしれない。

 

 

 

が!!!

 

 

 

カメラボディに装着した際、ファインダー内左上部に黒い点々が見られたが、撮影には支障はきたさなかった。

A望遠)EOS80D18−200mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO160(写真上)

B望遠)EOS80D18−200mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO160(写真下)

 

 

 

レンズによって画角が違うのか!? と疑ってしまいたくなるほどの差が生じているのがわかる

A広角EOS80D18−200mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO160(写真上)

 

B広角EOS80D18−200mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO200(写真下)

 

 

 

問題はなし。特にこれと言った差は感じ取れなかった。

望遠・EOS80D24−105mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO200(写真上)

 

広角・EOS80D24−105mm・・・1/400 F8 +0.33 ISO200(写真下)

 

 

 

今回のカメラ清掃できれいになったのがよくわかった。マメに掃除するのは大変なので、今回のような一息つける時期にやれれるのが最適であろう。

コロナウイルス

コロナウイルスが騒ぎ出されてから2ヶ月くらいが経とうとしている。

 

 

 

 

 

 

 

トップページにも記載しているとおりに対応しているが・・・コロナウイルス・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもコロナウイルスが終息するか、家の財政が終焉するかのせめぎ合いとなっている。

 

 

 

 

 

 

 

2月なかばから、撮影仕事の延期、中止の連絡があり、延期は中止となり、

 

 

 

 

先が見えないエンドレスな中止になりつつある。この仕事に限らず、

 

 

 

 

 

 

 

少なからずとも影響はどのジャンルの方にもでてきていることだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中でもコロナウイルスは広がりを見せ、中国や韓国以外にもイタリア、

 

 

 

 

 

イランをはじめ、日本やフランス、ドイツにも広がりを見せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初の安易な他人事からコロナウイルスは、一気に近所の保育園、スーパーが閉鎖するという始末。

コロナウイルスによってデマが流れ、物流が滞り、生産が可動できない状態が未だに続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰の仕業というよりもこの状況を一刻も早く、

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナウイルスを終わりにしたいのは言うまでもないが、

 

 

 

 

 

 

 

終わってからもすぐに経済が復興するとは言い難い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような状況では祈るしか、方法はみえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にこの目に見えない状況を打開できる策はあるのだろうか・・・。命をいただいていることに感謝です。

さつきが丘

幹線道路のアンダー部分にひっそりとある名店街。

 

 

 

 

 

 

雨ということもあり、シャッターが降りている店舗が多く、

 

 

 

 

名店が多い割にはどの店舗も活気がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖い気がするし、不気味な空気がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

ローカルだけの暗黙さが漂っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

シャッターを切っていても通りすがりの人は

 

 

 

 

 

「何を撮っているんだ?」

 

 

 

 

 

 

 

というような訝しげなかおでこちらをジロジロと見ている。

最寄り駅もなく、コンビニがあるわけでもないために煌々としたネオンもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにくるとは!? 不思議なご縁を感じながらも、雨のさつきが丘を後にした。

なぜここに狛犬がいるのだろうか。名店街のシンボルとして君臨して見守っている

集合写真撮影をします

新提案として今春からスタートする、集合写真撮影をしますみんなでポーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドの方でも紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人撮影は撮り、たくさんあるけど、みんなで集まって撮る記念写真ってなかなかないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーンに合わせなくても、記念日じゃなくても大好きなみんなが集まるのならば、

 

 

 

 

ここでキチッと撮影しておこう! ということから始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

長い年月を経ても集合写真は色あせることはなく、みなさまの心に残ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また今はスマホやデジカメの台頭で簡単に撮影はできる分、

 

 

 

 

 

 

 

 

その後のデータ保存から紙焼き保存までの道のりが長くなってしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

それは第2段階(データ~紙焼き)に移るという作業が待っているからではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この部分を当社の方がおこない、また発送をしてポストに投函されているシステム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自身ですることといえば、写真の枚数を決めるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単作業で楽なシステムを構築することで先述した、長い道のりを楽しい道のり、短い道にしたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、この機会に友達を集めてみんなでポーズのシーンを作ってください。

Gokokuji Temple#2

10日くらい前に訪ねた護国寺

 

 

 

 

 

 

 

また行きたくなってプライベートでお邪魔しました

 

 

 

 

 

 

 

 

三脚持参で。構図がなかなか決まらず、ちょうどよい日差しの中、ブラブラとゆっくりと気分良く撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともっとじっくりと構図を練ってからまた、再訪しようかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また護国寺に限らず、撮影する楽しむを共感できる人たちと一緒に撮れたら、もっとテンションが上がるのかと思いました。

おもちゃ美術館 @四ツ谷

存在は知っていた。

 

 

 

 

 

 

けれども一向に行く気はしなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも何年ぶりかにまた、存在に意識し始めて行くことになったおもちゃ美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校を改修してできたという建物は廊下や通路に四ツ谷の歴史を紹介していたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元学校ということから当時、撮られたであろう写真が展示してあったことには興味深い。

メインとなるプレイルームは入場料が¥1000かかり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未就学生の格好の遊び場と化していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけにこのような展示ルームには人気がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またボランティアで構成された年配の方々の丁寧な実践指導によっておもちゃや触れ合いといったものが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生き生きと生まれ変わっていた、おもちゃ美術館

退館してふと空を見上げて思ったのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来ならここも子どもたちのしゃべり声で活気つく場所なのだが、

 

 

 

 

 

 

 

冬のグレーな曇天のようにひっそりとこじんまりとした寂しさだけが広がっていた。

Gokokuji Temple

朝の撮影ではなく、11AMという半端な時間だったが、

 

 

 

 

普段の行動が馴染んでいるため、撮影現場到着が30分以上早く着いてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、ふと赴くがままに立ち寄ってしまった護国寺。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前来た時は工事中だった。

門をくぐり、眼の前の階段を見て「やっぱり引き返そう」と思った瞬間! 

 

 

 

 

 

 

 

 

登ったであろう先にカメラを手に撮影している方をみつけたので

 

 

 

 

 

 

 

「ここはチャレンジして撮ってみようと何気なく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラをバッグから出して色々と撮ってみた。

構図を考え、じっくりと据えて撮る時間がなかったので、なんとなくだが撮り収めてみた。

 

 

 

 

 

 

 

楽しくなってもっと撮りたくなったが、一瞬にして我に返り撮影現場へと向かった。

快晴の朝に撮ることはとても気持ちよく、今度は友達と一緒に撮ってみたいと思ったのと

 

 

 

 

 

 

撮影する楽しさを改めて感じた。

本年もよろしくお願いたします

正月から澄み切った青空の中、半蔵門~麹町~永田町~赤坂あたりを歩いてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段から歩いているので知っている道だか、人の少なさは週末のそれに似ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも今はお正月ということもあり、余計に澄んでいる感のある面持ちだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もいないこの空間を独り占めしているようで気が落ち着く。

今年も来週からまたスクールフォトが始まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1週間以上、カメラを触らず、何もしなかったのでそろそろ整理をして撮影の準備をはじめよう。

 

 

 

では、今年もよろしくお願いたします。

おにやんま by 人形町

おにやんま人形町店はこれで二回目だろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

おにやんま五反田本店も過去に1度だけいったことがあるのだが、

 

 

 

 

 

 

 

強烈なインパクトによって何度も来訪したことがあるような気がしてしまう。

12時前ということもあり、並ばずに入れることをチェックして速攻、おにやんまに入店。

 

 

 

 

 

 

 

シンプルにおにやんまド定番となる、とり天並(450円)をオーダー。

 

 

 

 

 

おにやんまではいつも欲張らず、シンプルにとり天をオーダー。

 

 

 

 

 

 

 

喉が痛かったために卓に備え付けの生姜はたっぷりと入れ、揚げ玉もたくさん盛る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また七味も少しふりかけてがぶりつく。

 

んめぇ~!

んめぇ~!

と二度も心の中で叫び、ズルズルとすすり、あっと言う間に食べてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

汁まで飲み干せる最強のうどんがおにやんまにある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな声であいさつをして満タン充填されて次へと移動。

都庁

年末に仕事で京王プラザホテルにお邪魔することがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上階の46フロア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眼の前にそびえ立つのは都庁。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変身ロボットのようなデザインはいつでもトランスフォームできそうな雰囲気。

少しモヤって都心をスッキリと見渡す事はできないが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グレーの大小様々なビルたちがこちらを向いて指示を待っているよう。

Luxury Lens EF24−105mm F4Ⅱ USM

来年のオリンピックに向けてキャノンがフラグシップモデルをリリースするという情報を聞いて以来、

 

 

 

 

 

 

そのカメラを買うための貯金をしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時、24−70mm F2.8をいつも通り使おうとしてのだが、

ズームリングが可動域まで動かず

 

 

 

 

 

 

絞り羽根も動いていない!

 

 

 

 

 

 

冷や汗ととともにどうしたら!? 

 

 

 

と考えていたが、いくつもの案が浮かぶ中でとりあえず、

 

 

 

 

 

修理屋にアクセスしてみるも「キャノンサービスが終了したカメラ機材に関しては受付を断っています」とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィルムカメラ時代に買って以来、一度もメンテせずに使い続けてきた結果だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手放して新しいものを! とさらに標準ズームレンズを早速リサーチ。

 

 

 

 

数タイプのレンズが候補に上がり、24−70mmF424−105mmF4Ⅱの一騎打ちとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口コミサイトや知り合いからの情報を吟味して後者を買うことに決定する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか妥当な価格がないまま一ヶ月が過ぎようとしていた頃、

 

 

 

 

 

 

いいタイミングで気に入る状態、価格のものがネットに出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即、購入して早速、カメラにセット。試し撮りを何度となくしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は撮影があるので、本番と行こう!

個室居酒屋 酒蔵季 TOKI @赤坂見附

居酒屋ランチは大概、ごはん・味噌汁おかわり自由というところが多い。

 

 

 

 

 

 

 

普段の目利きの銀次(半蔵門店)に行くことがあり、

 

 

 

 

 

 

 

満腹になったお腹を緩和、抑えるために永田町を超えて赤坂まで歩くことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その赤坂で見つけたのがこの個室居酒屋酒蔵季TOKIだ。

以前から外看板メニューを見て気になっていたので、

 

 

 

 

 

 

 

 

機会をみつけて入店しようとしていた日がとうとう来たのだ。

 

 

 

 

 

 

 

ご飯・味噌汁がおかわり自由という文言は聞き慣れていたのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダ・コーヒーまでもおかわり自由ということに相当な魅力を感じていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に入ってみると、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダバーは確かに存在した。杏仁豆腐までもがあったのだぁ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーはアイスにホットと両方が揃っている具合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかわり自由のご飯はセルフで味噌汁はスタッフに声かけするのだろう。

ランチのボリュームはというと、3点盛りの刺し身はかつお、マグロにハマチ? ブリ? イナダ? といったもの

 

 

 

 

 

 

小ぶりで1口サイズの唐揚げが3つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小鉢にはひじきがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

確実に1杯はひじきご飯が完成することだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

刺し身と唐揚げでプラス2杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダは3回おかわりし、コーヒーはアイスとホットを3杯おかわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3点盛りというのだから3にこだわってみた。

んまかったぞ! TOKI

今までに通っていてメニュを覚え始めていた目利きの銀次(半蔵門店)の株が轟音とともに崩れ、

 

 

 

 

 

 

TOKI!

 

 

 

 

 

 

トップの座がこの個室居酒屋酒蔵季TOKIに変わっていくことを肌で感じた。

スタッフがアジア人ということもあったが、ここは気持ちよくご馳走さまでしたを言い退店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして腹がパンパンになったところでここから徒歩4分のところにあるドン・キホーテにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

格安タイムセール品を大量ゲットして気分も心も満足させて帰路についた。

証明・パスポート・通行証

ここ数年は富士スピードウェイをはじめ、

 

 

 

 

平日はスクールフォトやライブ撮影といったことを中心に撮影業務をしているのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、あらたな撮影ビジネスが始まりつつある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

証明写真を必要とする家庭に赴いて撮影をして撮ったものに補正をかけ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリントして発送&届けるというもの。

 

 

 

 

一連の作業を全て請け負っているのだ。

 

 

 

どの作業においても手を抜くことなく、自分の持てる知識や常識、人脈を駆使して。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダーされるクライアントといえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢で不自由な方が撮りにでかけられないということで、出張しているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.5年前にデイサービスで介護ドライバーのアルバイトを副業にしていたことがあったせいもあって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そちらの知識や知り合いがまだ、頭の隅に残っていて。

今更感があるのだが、

 

 

 

 

 

 

この手の仕事にはヘルパーさんのお世話ヘアカットや歯科医などお医者さんの出張がある。

 

 

 

 

 

 

それにのったようなことなのだが、まだまだ発展途上でしかも、クオリティや信頼が薄い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくの機会、写真を撮ることも滅多になくなっているであろう年齢に印象に残る撮影をしてあげたいと

 

 

 

 

切願しているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと言えば、

 

 

 

 

 

 

ヘアメイクやスタイリストも呼んで撮影に望みたいという展望がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までに培った業界に恩返しができるように役に立てられるように精進していきたい。

夏の終わり

10月に入って衣替えの期間となり、涼しくなるのかと思うと、

 

 

 

 

 

日中は夏カッ! と言いたくなるほどの気温、ダルさになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未だに日中や寝る前までは、サーキュレーターを回しているくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夏は、仕事に遊びと年齢を考慮した行動がとれた。派手さがとれ、落ち着きのある生活。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動こうにもカラダ、体力のなさから活発になれず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもいいのだ。それでも朝晩は寒くなり、やっと年中、ヒートテックならぬミートテック、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

革ジャンならぬ肉ジャンを身に着けている僕にとっては、まだまだ暑い盛りだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから台風が来たり、秋祭りがあったりと季節が移りゆくのだが、

 

 

 

 

 

 

 

季節に関係なくシーズンを外したイベントがあったり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風物詩の季節移動があったりとゆるやかに変わりつつある季節の境を感じている。

カメラマンとしての岐路

フィルム撮影時には、キャノンユーザーのプロカメラマンが多いことから

 

 

 

 

スペックを知らずしてキャノン1V-RSを使用していた。

 

 

 

 

 

 

 

そのままデジタルカメラに移行して20D,40D,6Dへと変わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では5DMark3,7DMark2の2台に収まっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンズはというと、フィルム時代から、もしくはデジタルに移行したくらいの時からの

 

 

 

 

 

 

 

Lレンズで17-40、24-70、70-200、マクロに18-200のSレンズといった具合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近はスタメン4番というような強力な新品機材を購入することもなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただダラダラとソニーサイトでミラーレス一眼カメラをチェックしたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知人カメラマンのソニーを拝ませてもらったりした程度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また家電量販店に行っては、ディスプレイされている一眼レフカメラを

 

 

 

 

 

 

チェック&確認してどれが、まだ店頭に並んでいるのかと見ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネット情報も一応はサーフィングしてキャノン、ニコンやソニーオリンパスや

 

 

 

 

 

 

 

レンズメーカーのタムロンやシグマといったカメラに携わるメーカーの動向を

 

 

 

 

 

 

確認しているのだが、違った情報が流れてきた。

 

 

 

 

 

 

 

それは、一眼レフカメラが衰退しつつある

                                                                                                      というのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに先ごろiPhone11が発表された。大幅な変更点はカメラの性能だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンというカテゴリーから電話からネット高速化、音楽、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてついにはカメラにまで進出し、飲み込もうとし始めたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽い危機感を感じながら、他サイトに飛んでみると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャノン御手洗氏がキャノン内でのレンズ技術を外部提供することを検討しているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはデジカメの世界出荷が減少していることも反映しているのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロカメラマンとして10年以上、またフィルム時代から数えると、

 

 

 

 

 

 

 

 

15年以上のキャリアがゆっくりと崩れていっているのにようやく気がついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去に何度となく、カメラマンの衰退や危機感というものを味わってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安定のない不安定な職業柄つねにバランスが悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

キャノンは数年前に「プロ機は作らない」ということから

 

 

 

 

 

 

5シリーズをハイモデルに位置づけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

またキャノン、ニコンのミラーレスは後発しすぎて選考外。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソニーのミラーレスにしたら、レンズを含めて150万圓は用意しなければならないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからカメラ機材については、いくつかの選択肢を踏まえつつ、

 

 

 

 

 

 

自分がどのような撮影スタンスにシフトしてカメラマン・フォトグラファーとして

 

 

 

 

 

 

 

 

進んでいくのかを秘策も考察し、進まなければならない時期にたっている。

この立ち位置は楽しくもあり、不安でもあるということ。

 

 

 

 

 

 

 

きっと今、カメラマンとして生計を立て始めた人にとっては死活問題になること間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この重大な危機感に気づかないでいることだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またどうやってカメラマンとしての生活不安定な危機感を

 

 

 

 

 

 

 

乗り越えていくかも術を知らないであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のデジタル一眼レフカメラを手にしてスペックの良さに気づかず、

 

 

 

 

 

 

 

 

上手く撮れることで自身をプロカメラマンだと錯覚し、

 

 

 

 

 

 

 

撮影に大切な構図やコミュニケーションはなんとなく、こなしてきてもいつかはボロがでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雇う側も雇われる側もこれらが錯覚だったことを理解する頃には

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと崩れて別のアプローチの方法がちらついているのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、私自身の次の一手は・・・。

今日で18年。9.11で亡くなられた方、災害犠牲者のためにご冥福をお祈りします。

やるき茶屋@立川南口

このチキンソテー・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず見た目のボリューム感がない

 

 

 

 

 

 

 

美味しそうではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら食べてやろう!と心に誓い、爆食いを実行する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、ペース配分を考慮しておかわりをする。

2度のひたちなかに家系ラーメンと立川グルメを模索中だったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにもお腹が空いていたことから目の前にあったやるき茶屋に退店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かここはおかわりが自由だったという曖昧な記憶だったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフがオーダーを取りに来た際に確信できた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダーしたランチはハンバーグ定食と海鮮丼にチキンソテー。

満腹になっただけで次回の来訪ないと思いながら、ガリガリくんを買いにコンビニへと向かった。

たまがわや@用賀商店街

大勝軒から暖簾分けしたというたまがわや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本家は店舗数を着実に伸ばすほどなのに暖簾分けした分家は混雑に乏しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは大勝軒だけでなく、代表的な家系ラーメンも同じことだろう。

以前、来訪した時はいつだったか忘れてしまったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

その時のたまがわやスタッフとは絶対に違った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中華そば(460g)をオーダー。知人はワンタン麺(360g)を。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここたまがわやの中太麺は大勝軒よりもちょっとだけ細いような気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまがわやは麺を湯がくかごを2つ使っている厨房を見て、

 

 

 

 

少しひるみ、さらに特大とも思えるドンブリサイズに驚きながらも、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内に流れている大食いテレビを観ながら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルに置いてある魚粉を少々足して問題なく完食できた。

 

 

 

ここのラーメンを見ると、必ずラーメンを食べたくなってしまう。

食べ終わった時には心地よい満腹感と満足感が入り混じって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早くも次のデザートを食べたいと考えていた。

ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ@中目黒

オーナーでピッツァイォーロの山本尚徳氏は

 

 

 

 

 

 

青山や東京ミッドタウンのナプレ在籍時代からナポリピッツァの世界チャンピオンとして有名。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独立して自分の店を立ち上げた時には大行列ができるほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにマスコミやメディアでトリア挙げられ話題になるピッツエリア トラットリア イーサ

Pizzeria e trattoria da ISAがある中目黒界隈の代官山、恵比寿エリアには、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイリッシュなフレンチやイタリアンが数多くあり、

 

 

 

 

 

 

 

きめ細かいサービスを提供する店はいくらでもあるにもかかわらず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう土地柄で気取って食事をする楽しさよりも、

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間同士でビールとピッツァをさくっと楽しみたいという。

 

 

 

 

 

 

 

ナポリピッツァの本場の街角にある「大衆食堂」を再現したようなこの店に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族6人で土曜日のお昼に予約無しでPizzeria e trattoria da ISAに来店した。

Pizzeria e trattoria da ISAのこのコンセプトは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家では毎晩、自宅でできているものだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえ、ピザが食卓に並ぼうが、和食だろうが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6人家族の我が家は、

 

食事中はつねに違った風が流れているから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族の会話をする1つのセンテンスにしか過ぎない。

さて、Pizzeria e trattoria da ISAではピザ4枚とサラダをオーダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼きあがりはナポリサイズの約30cmで小さめの皿からははみ出すほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアらしい大雑把、ナポリっぽい不均等なゴツゴツしたカタチはキチンとした日本人とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く異なるから面白いスタイルのPizzeria e trattoria da ISA

生地の中央は薄くモチモチした食感で、額縁はサクッとして大人、

 

 

 

 

 

 

 

 

子供関係なく美味しい! と叫んでしまうほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここPizzeria e trattoria da ISAのスタンスは食べたら、出る!という

 

 

 

ファースト店のそれと似ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからPizzeria e trattoria da ISAでは、ゆっくりと食べるというよりも

 

 

 

 

 

 

とっとと食べて退店するという空気が店内に広がっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pizzeria e trattoria da ISAは人気がありすぎているお店のため、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せわしなく、落ち着かなった。

ピザが大好物としては、Pizzeria e trattoria da ISAようなカジュアルだけれども

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいピザを提供してくれるお店が日本にもっと増えてほしいものである。

大好きガスト@立川南口

我が家の第二の食卓とも言えるガスト。

 

 

 

もうメニューは頭の中にインプットされているのは、子供が店内を把握しているから。

 

 

 

 

 

 

ポテトに日替わり定食。お子様ランチと決まったメニューである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログに挙げるまでもないのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生低学年が書く絵日記的な意味合いだけの簡単なものである。

ミニクーパー60TH@富士スピードウェイ

編集部時代に付き合いのあったカメラマンと今でも年賀状での連絡をしていたら、

 

 

 

 

今年になって「富士で撮影しないか!?」と打診された。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのカメラマンはモータースポーツを専門に撮影するカメラマンで

 

 

 

 

 

富士スピードウェイでオフィシャルカメラマンとして活躍しているのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人ではなかなか回りきれないことから手伝ってほしいとのこと。

まずは暑い炎天下の中、生誕60THとなるクラッシックミニクーパーのイベントがあることから

 

 

 

 

 

撮影に参加した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オフィシャル写真ということで

ミニクーパーだけに特化する撮影

というよりも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士スピードウェイ

ミニクーパーのイベント

おこないました、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という方向から撮影をしてほしいとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらゆる角度から撮る撮影はイメージ的な画角も求められるので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい意味では自由に撮影できて、とても楽しくできた。

評判の悪いORIZURUでの食事。大概はイベントに参加している屋台を見て、

 

 

 

 

選ぶのだが今回はレストランに直行した。

 

 

 

 

 

ロコモコ丼はハヤシライスハンバーグ乗せといったところ。

それでもカメラ2台持って2万歩以上歩いたので、ヘトヘト感が身体中を気持ちよく流れた。

ロイヤルホスト@桜新町駅前

以前、ミックスグリルが気に入っていたので再度、

 

 

 

 

 

ロイヤルホストへ半ば強引に子供らに誘われていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、母親が食べたパフェがあまりにも大きくて家族トピックスになっていたので、

 

 

 

 

 

 

 

 

今回食べることになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母親は残したが、子供らはペロリとたいらげた。

この夏、子供らはずっと家でご飯を食べる・・・。

僕らはみんな太陽が好きなんだ@紀尾井町テラス

大好きなお寺で癒やされた後、

 

 

 

気分がいいままに麹町から清水谷公園を経由して紀尾井町テラスを抜けて赤坂へと行くのが

 

 

 

 

 

 

大好きなルートだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ紀尾井町テラスはエントランスがキレイだし、

 

 

 

 

 

 

 

ディスプライが行くたびごとに変わっているので毎回新鮮な気持ちになれるから好き。

 

 

 

 

 

 

 

今回はひまわりが所狭しと並んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな顔を持っていて、また大空に向けた顔がなんとも可愛らしい。

これから暑い日が続き、体感温度が45度なんてありえない日になるだろうが、

 

 

 

 

 

ダルさではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

ひまわりのように太陽に顔を向けて今夏を過ごしていこうよ!

 

 

 

 

 

 

 

ね! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな

梅もと@東急溝の口駅構内

途中下車してまでも立ち寄ってお腹に詰めておきたい食事といえば、立ち食いそば屋だ。

 

 

 

 

 

 

その中でもチャンスが有れば、必ず時間を見計らってでもいきたい時間が

 

 

 

15~18時ラーメン大盛400円だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時間を意識していくのだが、なかなかタイミングが合わず・・・。

今回は曜日ごとのセットメニューをオーダー。豚丼と冷やしうどん。

 

 

で、思ったのだが、冷やしにはわさび、温には七味となんで違うのだろうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

そんなことは、どうでもよく。

 

 

 

 

 

いきおいよくお中に流し込んで返却カウンターであいさつをして退店。

ウィダーinゼリーのチャージよりもこちらの方が速攻チャージに相応しく。

 

 

 

 

 

次の撮影現場へと向かう。

菜の花@西船橋駅構内

撮影仕事は電車移動が多い。

 

 

 

 

今夏は特に千葉方面が多く、

 

西船橋から千葉駅、

 

もしくは千葉駅からさらに外房線に乗って・・・という具合に都合のいい中継駅となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日も西船橋を経由したのだが、以前から気になっていた立ち食いお蕎麦屋。

 

 

 

 

 

電車待ち時間が長いことからそばくらいならと、サラッと入ってみた。

 

 

 

改札を挟んでいることから構内外からでも入店できるのだ。

 

 

 

 

 

日々、暑い日が続いているのだが、ここは敢えて、かき揚げうどん()をオーダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天ぷらがベチャベチャでうどんにこしがない。

 

 

 

 

見た目、味ともに立ち食い屋のそれとかわらない。

 

 

 

 

 

 

この立ち食いそば屋がいいのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うどんの感想はさておき、他にもこの沿線ラインには多くの個性店があるようなので、

レビューを重ねていきたい。

ロイヤルホスト@桜新町by246

姉が米国から一時帰国していることから家族みんなで食事でもしようということとになり、

 

 

 

急きょ近所のファミレス(ロイヤルホスト)にて食事会をすることとなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供らが全員揃わずにいたのだが、兄弟2人が来て6人でご飯を食べることに。

 

 

 

 

 

 

 

週末のランチ時は混んでいて、なかなか席が空かないロイヤルホスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも大人数での食事会のような感じが多く、

 

 

 

 

アチラコチラで席をつなげて大テーブルとして食事をしているのだ。

朝から運転していたせいでちょうどよく、

 

 

 

 

 

 

 

お腹が空いていたことからガッツリメニューをオーダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

セルフサービスが多いファミレスの中、このロイヤルホストはセルフサービスよりも

 

 

 

 

 

 

 

大概のことをウェイトレスがおこなってくれるから、1つずつ呼ばなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、どこのファミレスでも定番であろうミックスグリル+ライス大盛り単品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボリュームのあるハンバーグにウインナーにチキンソテー。

 

 

 

 

 

 

十分な食べ応えのある内容のロイヤルホスト。

 

 

 

 

 

 

 

ハンバーグは隙間なく、みっちりとお肉が詰まっており、口に運ぶたびに笑顔になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっと言う間に食べ終えてしまい、サイドオーダーをしたポテトフライも食べてしまった。

 

 

 

 

 

美味しいぞ、ロイヤルホスト!

 

 

ファミレスの中でもトップレベルの美味しさに「ごちそうさま」を言うも

 

 

 

トーンの低いロイヤルホストのウェイトレスには通じなかった。

レストランわかしお@ヴェルシオーネ若潮

仕事で千葉県のヴェルシオーネ若潮という婚礼、宿泊、レストランを兼ねた式場に行ってきた。

 

 

 

35周年という記念すべきセレモニーイヤーだが、

 

 

イベントらしきものはなく、ちょっと時代遅れのディスプレイやヴァンケットとなっていた。

 

 

 

 

ホームページ写真も古いし、格好わるいことから新しい改革を提案したくなるほど。

 

 

 

この手の場所はトイレを見れば、すぐにわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

うんうん、やっぱりと思う箇所は多々ある。そんな中、レストランに行ってみた。

ランチメニューではフェアを開催中ということで早速、

 

 

 

ベジタブルフェアのある煮込みハンバーグをチョイスしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルアイテムにも古さが否めず、ちょっと呆れ気味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

輪をかけるようにメニューリストも古く、

 

 

 

 

 

 

 

写真から美味しそうなシズル感がなく、

 

 

 

 

 

 

 

カピカピなメニュー写真からチョイスした。

 

 

 

 

ヴェルシオーネ若潮メニュー写真を撮ってあげたくなるほどだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダーしてから待つこと15分。

お決まりのフォーメーション(メイン・ライス・スープにサラダ・甘味)で

 

 

 

 

 

やっと来たよ!と思い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速スープから味わってみる。美味い! 

 

 

 

 

 

 

 

 

と驚きハンバークにナイフを入れて食べてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉汁がしたたり落ちない、肉ぎっしりハンバーグは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中なで火が通っており、味があるのでソースをつけなくともハンバーグが食べられるのだ。

煮込まれているハンバーグに付き添われているのは、

 

 

 

 

 

 

 

素揚げではなく、茹でただけのお野菜。

 

 

 

 

レンコン、人参、お芋にパプリカにナスやカボチャという根菜。

 

 

 

 

 

 

 

 

色が鮮やかで味もしっかりとあり、

 

 

 

 

 

 

 

野菜が煮込まれた硬さもちょうどいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

デミソースは甘くなく、また酸味が効いているわけでもないため、

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンバーグ、野菜にもそれぞれマッチしている。

美味しいのと、仕事の合間のランチだったため、ゆっくりと食べられなかったのが残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観や建物内のレイアウトのカッコ悪さとは裏腹に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランでは最高のものを食べることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもランチメニューはどれも1000円前後の価格帯でしめられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厨房では、最高の腕を持ったシェフが潜んでいるのだろう。

焼き肉@牛角用賀店

絵面、味やクオリティといったことに今さら感があったのだが、

 

 

 

 

 

 

 

一応のネタとして紹介しておこう牛角

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこのブログ、レビューといったことはここでは紹介しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホットペッパーの広告、割引情報なども楽しめるものではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントががっつり付くわけでもなく、これといって惹きつける魅力がなくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、最近、焼き肉キングにも行ったことがあったので比較レビューにシフトしたい。

キング牛角ともに18:30くらいに来店したのだが、

 

 

 

 

キングの方が平日にもかかわらず、待たされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルに着いたらタッチパネル方式のキングの方が1歩先を進んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためメニューのわかりやすさも上。

 

 

店内の綺麗さも上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄明かりのムーディな雰囲気は肉油のベタベタ感を見づらくしているためかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフのテンションが違っていたのが気になった牛角

牛角はオーダーする前にキャベツのお通しや炭を替える時間など

 

 

 

食べ放題には不要のものをつけてくるとこころも客が離れてくる要因だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでもトップを走り続け得ないということを感じずにはいられなかった。

 

 

 

 

 

 

個人的な総評としては、結果から言うと焼き肉キングの方に

 

 

 

 

軍配があがるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

前置きとして肉の味や質といったものはこの際、除外視していいのだろう。

 

 

 

そこにまで重点を置いたのならば、

 

 

きちんとしたお肉の質が味わえるお店に行けばいいという結果になるため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファミレス化している焼き肉屋事情からの見解は、

 

 

 

 

スタッフのフランクな接客感、店内の清潔感などが印象に残り、来店する方からしたら、

 

 

 

一番知りたい情報だろう。

 

 

 

 

 

今月、2軒も焼き肉屋さんにお邪魔したことから当分、お邪魔することはないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、たまに食べたい! というときにこそ、役立つ情報ではないだろうか。

のっけご飯と中華そば95@羽田空港第2ターミナル

飛行場内のレストランが充実、豊富になっているのはそれだけ、

 

 

空港のクオリティや信頼がなりたっているからだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのお店で何を食べようか、悩んでしまってどれも美味しそうに見え、なんでもいいや! 

 

 

 

 

 

 

 

と開き直ってしまうほど。そんな中で選んだのがここ、のっけご飯と中華そば95

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽田空港内にしかないということもあり、さっそくメニューをみるのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店外にある食券機とニラメッコ時間がつづいてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セットメニューが豊富なのっけご飯と中華そば95は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめセット3の中華そば+とろろ刻みわさびご飯をチョイス。

ラーメンの器が独特なデザインでラーメン用という感じがしない、のっけご飯と中華そば95

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯もキレイに盛られ、どこから崩していけばいいのかと、悩んでしまうほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のっけご飯と中華そば95の店内もスッキリとキレイで一見、カフェのような佇まい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事をし終わっても長居してしまいそうな、

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーでもオーダーしたくなるリラックスできるのっけご飯と中華そば95だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真の中華そばを食べたいなら、ここに来店すべきだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のっけご飯と中華そば95の中華そば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その味の方は、鶏ガラのスタンダードな中華そば。メンマは白く、角切り肉のように分厚い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では家系や二郎系といったこってりパンチの効いたラーメンしかない東京だが、

 

 

 

 

 

 

 

ここにきてシンプルなラーメンが食べられたことに大満足する。

のっけご飯と中華そば95のわさびご飯と言ってもさっぱりと、

 

 

 

 

 

 

冴え渡るのが心もキレイにしてくれるようなご飯だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に「ご馳走さまでした」と、

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛らしくもそっけない女子スタッフに挨拶をして空へと旅立った。

1プレートランチ@関内パセラ

関内駅北口から徒歩5分圏内にある多目的スペースビルディング、関内パセラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビルの各フロア自体が貸し切りパーティスタイルとなっている関内パセラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南国チックなイメージ空間。

 

 

 

 

 

 

 

関内パセラのフードがビュッフェスタイルなのだが、

 

 

 

 

 

 

仕事中ということもあってワンプレートで用意してくれた特別ランチだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唐揚げにポテトフライ、サラダにメインのオムライス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この組み合わせを甘くみくびっていた。

 

 

 

 

キレイにレイアウトされた1プレートに並ぶ、

 

 

 

 

フォーメーションはどれから手を付けていこうかと、

 

 

 

 

 

さらなる食欲を誘うのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにせどれも重いフォードメニューの関内パセラランチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、残してしまったのが、申し訳なく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完食、食欲は僕の取り柄なのだが、ここは完敗してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月末、関内パセラにお邪魔する機会があるようなので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時は、リベンジをする覚悟でありがたくいただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待っていてくれ! 関内パセラ

宇味家@宇都宮駅前店

仕事で訪れた宇都宮。

 

 

 

 

 

 

ココ最近は出張撮影がめっきり減っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラリーマン時代には出張族で全国各地を訪れているので

 

大してテンションは上がらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「宇都宮といえば、餃子だから食べて帰ろう」という誘いのもと、

 

 

 

 

 

 

 

案内されたのがここ宇味家だ。

数年前にもやはり撮影で来た際には

 

 

別店舗の宇味家にきたことがあったため、

 

 

 

 

 

味や見た目に感激はなかったのだが、

 

 

 

 

 

 

 

お腹いっぱいに食べられた幸せは何物にも言い難い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう、宇味家

宇味家でオーダーしたのはスタンダードな焼餃子、

 

 

 

 

 

皮に厚みのある水餃子と揚げ餃子。

 

 

 

 

 

 

 

焼き色からしてもうちょっと焼いてほしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

揚げ餃子ももっと揚げて色をつけてサクサク感がほしかった。

 

フライ餃子というのも宇味家ではあり、

 

 

餃子4兄弟とされている宇味家のラインナップ

 

 

 

 

 

 

フライはさすがにオーダーできなかったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、機会があれば、フライにもチャレンジしてみたい。

ライスも併せてオーダーして完全に

 

 

 

餃子トリオ

 

3種類18個をお腹の中に。

宇味家は駅前店に来訪したのだが、

 

 

1階のお店が気になったのは行列ができていたから。