個室居酒屋 酒蔵季 TOKI @赤坂見附

居酒屋ランチは大概、ごはん・味噌汁おかわり自由というところが多い。

 

 

 

 

 

 

 

普段の目利きの銀次(半蔵門店)に行くことがあり、

 

 

 

 

 

 

 

満腹になったお腹を緩和、抑えるために永田町を超えて赤坂まで歩くことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その赤坂で見つけたのがこの個室居酒屋酒蔵季TOKIだ。

以前から外看板メニューを見て気になっていたので、

 

 

 

 

 

 

 

 

機会をみつけて入店しようとしていた日がとうとう来たのだ。

 

 

 

 

 

 

 

ご飯・味噌汁がおかわり自由という文言は聞き慣れていたのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダ・コーヒーまでもおかわり自由ということに相当な魅力を感じていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に入ってみると、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダバーは確かに存在した。杏仁豆腐までもがあったのだぁ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーはアイスにホットと両方が揃っている具合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかわり自由のご飯はセルフで味噌汁はスタッフに声かけするのだろう。

ランチのボリュームはというと、3点盛りの刺し身はかつお、マグロにハマチ? ブリ? イナダ? といったもの

 

 

 

 

 

 

小ぶりで1口サイズの唐揚げが3つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小鉢にはひじきがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

確実に1杯はひじきご飯が完成することだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

刺し身と唐揚げでプラス2杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダは3回おかわりし、コーヒーはアイスとホットを3杯おかわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3点盛りというのだから3にこだわってみた。

んまかったぞ! TOKI

今までに通っていてメニュを覚え始めていた目利きの銀次(半蔵門店)の株が轟音とともに崩れ、

 

 

 

 

 

 

TOKI!

 

 

 

 

 

 

トップの座がこの個室居酒屋酒蔵季TOKIに変わっていくことを肌で感じた。

スタッフがアジア人ということもあったが、ここは気持ちよくご馳走さまでしたを言い退店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして腹がパンパンになったところでここから徒歩4分のところにあるドン・キホーテにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

格安タイムセール品を大量ゲットして気分も心も満足させて帰路についた。

証明・パスポート・通行証

ここ数年は富士スピードウェイをはじめ、

 

 

 

 

平日はスクールフォトやライブ撮影といったことを中心に撮影業務をしているのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、あらたな撮影ビジネスが始まりつつある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

証明写真を必要とする家庭に赴いて撮影をして撮ったものに補正をかけ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリントして発送&届けるというもの。

 

 

 

 

一連の作業を全て請け負っているのだ。

 

 

 

どの作業においても手を抜くことなく、自分の持てる知識や常識、人脈を駆使して。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダーされるクライアントといえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢で不自由な方が撮りにでかけられないということで、出張しているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.5年前にデイサービスで介護ドライバーのアルバイトを副業にしていたことがあったせいもあって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そちらの知識や知り合いがまだ、頭の隅に残っていて。

今更感があるのだが、

 

 

 

 

 

 

この手の仕事にはヘルパーさんのお世話ヘアカットや歯科医などお医者さんの出張がある。

 

 

 

 

 

 

それにのったようなことなのだが、まだまだ発展途上でしかも、クオリティや信頼が薄い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくの機会、写真を撮ることも滅多になくなっているであろう年齢に印象に残る撮影をしてあげたいと

 

 

 

 

切願しているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと言えば、

 

 

 

 

 

 

ヘアメイクやスタイリストも呼んで撮影に望みたいという展望がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までに培った業界に恩返しができるように役に立てられるように精進していきたい。

夏の終わり

10月に入って衣替えの期間となり、涼しくなるのかと思うと、

 

 

 

 

 

日中は夏カッ! と言いたくなるほどの気温、ダルさになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未だに日中や寝る前までは、サーキュレーターを回しているくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夏は、仕事に遊びと年齢を考慮した行動がとれた。派手さがとれ、落ち着きのある生活。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動こうにもカラダ、体力のなさから活発になれず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもいいのだ。それでも朝晩は寒くなり、やっと年中、ヒートテックならぬミートテック、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

革ジャンならぬ肉ジャンを身に着けている僕にとっては、まだまだ暑い盛りだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから台風が来たり、秋祭りがあったりと季節が移りゆくのだが、

 

 

 

 

 

 

 

季節に関係なくシーズンを外したイベントがあったり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風物詩の季節移動があったりとゆるやかに変わりつつある季節の境を感じている。

カメラマンとしての岐路

フィルム撮影時には、キャノンユーザーのプロカメラマンが多いことから

 

 

 

 

スペックを知らずしてキャノン1V-RSを使用していた。

 

 

 

 

 

 

 

そのままデジタルカメラに移行して20D,40D,6Dへと変わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では5DMark3,7DMark2の2台に収まっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンズはというと、フィルム時代から、もしくはデジタルに移行したくらいの時からの

 

 

 

 

 

 

 

Lレンズで17-40、24-70、70-200、マクロに18-200のSレンズといった具合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近はスタメン4番というような強力な新品機材を購入することもなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただダラダラとソニーサイトでミラーレス一眼カメラをチェックしたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知人カメラマンのソニーを拝ませてもらったりした程度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また家電量販店に行っては、ディスプレイされている一眼レフカメラを

 

 

 

 

 

 

チェック&確認してどれが、まだ店頭に並んでいるのかと見ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネット情報も一応はサーフィングしてキャノン、ニコンやソニーオリンパスや

 

 

 

 

 

 

 

レンズメーカーのタムロンやシグマといったカメラに携わるメーカーの動向を

 

 

 

 

 

 

確認しているのだが、違った情報が流れてきた。

 

 

 

 

 

 

 

それは、一眼レフカメラが衰退しつつある

                                                                                                      というのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに先ごろiPhone11が発表された。大幅な変更点はカメラの性能だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンというカテゴリーから電話からネット高速化、音楽、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてついにはカメラにまで進出し、飲み込もうとし始めたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽い危機感を感じながら、他サイトに飛んでみると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャノン御手洗氏がキャノン内でのレンズ技術を外部提供することを検討しているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはデジカメの世界出荷が減少していることも反映しているのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロカメラマンとして10年以上、またフィルム時代から数えると、

 

 

 

 

 

 

 

 

15年以上のキャリアがゆっくりと崩れていっているのにようやく気がついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去に何度となく、カメラマンの衰退や危機感というものを味わってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安定のない不安定な職業柄つねにバランスが悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

キャノンは数年前に「プロ機は作らない」ということから

 

 

 

 

 

 

5シリーズをハイモデルに位置づけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

またキャノン、ニコンのミラーレスは後発しすぎて選考外。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソニーのミラーレスにしたら、レンズを含めて150万圓は用意しなければならないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからカメラ機材については、いくつかの選択肢を踏まえつつ、

 

 

 

 

 

 

自分がどのような撮影スタンスにシフトしてカメラマン・フォトグラファーとして

 

 

 

 

 

 

 

 

進んでいくのかを秘策も考察し、進まなければならない時期にたっている。

この立ち位置は楽しくもあり、不安でもあるということ。

 

 

 

 

 

 

 

きっと今、カメラマンとして生計を立て始めた人にとっては死活問題になること間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この重大な危機感に気づかないでいることだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またどうやってカメラマンとしての生活不安定な危機感を

 

 

 

 

 

 

 

乗り越えていくかも術を知らないであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のデジタル一眼レフカメラを手にしてスペックの良さに気づかず、

 

 

 

 

 

 

 

 

上手く撮れることで自身をプロカメラマンだと錯覚し、

 

 

 

 

 

 

 

撮影に大切な構図やコミュニケーションはなんとなく、こなしてきてもいつかはボロがでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雇う側も雇われる側もこれらが錯覚だったことを理解する頃には

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと崩れて別のアプローチの方法がちらついているのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、私自身の次の一手は・・・。

今日で18年。9.11で亡くなられた方、災害犠牲者のためにご冥福をお祈りします。

やるき茶屋@立川南口

このチキンソテー・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず見た目のボリューム感がない

 

 

 

 

 

 

 

美味しそうではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら食べてやろう!と心に誓い、爆食いを実行する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、ペース配分を考慮しておかわりをする。

2度のひたちなかに家系ラーメンと立川グルメを模索中だったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにもお腹が空いていたことから目の前にあったやるき茶屋に退店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かここはおかわりが自由だったという曖昧な記憶だったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフがオーダーを取りに来た際に確信できた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダーしたランチはハンバーグ定食と海鮮丼にチキンソテー。

満腹になっただけで次回の来訪ないと思いながら、ガリガリくんを買いにコンビニへと向かった。

たまがわや@用賀商店街

大勝軒から暖簾分けしたというたまがわや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本家は店舗数を着実に伸ばすほどなのに暖簾分けした分家は混雑に乏しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは大勝軒だけでなく、代表的な家系ラーメンも同じことだろう。

以前、来訪した時はいつだったか忘れてしまったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

その時のたまがわやスタッフとは絶対に違った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中華そば(460g)をオーダー。知人はワンタン麺(360g)を。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここたまがわやの中太麺は大勝軒よりもちょっとだけ細いような気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまがわやは麺を湯がくかごを2つ使っている厨房を見て、

 

 

 

 

少しひるみ、さらに特大とも思えるドンブリサイズに驚きながらも、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内に流れている大食いテレビを観ながら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルに置いてある魚粉を少々足して問題なく完食できた。

 

 

 

ここのラーメンを見ると、必ずラーメンを食べたくなってしまう。

食べ終わった時には心地よい満腹感と満足感が入り混じって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早くも次のデザートを食べたいと考えていた。

ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ@中目黒

オーナーでピッツァイォーロの山本尚徳氏は

 

 

 

 

 

 

青山や東京ミッドタウンのナプレ在籍時代からナポリピッツァの世界チャンピオンとして有名。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独立して自分の店を立ち上げた時には大行列ができるほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにマスコミやメディアでトリア挙げられ話題になるピッツエリア トラットリア イーサ

Pizzeria e trattoria da ISAがある中目黒界隈の代官山、恵比寿エリアには、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイリッシュなフレンチやイタリアンが数多くあり、

 

 

 

 

 

 

 

きめ細かいサービスを提供する店はいくらでもあるにもかかわらず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう土地柄で気取って食事をする楽しさよりも、

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間同士でビールとピッツァをさくっと楽しみたいという。

 

 

 

 

 

 

 

ナポリピッツァの本場の街角にある「大衆食堂」を再現したようなこの店に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族6人で土曜日のお昼に予約無しでPizzeria e trattoria da ISAに来店した。

Pizzeria e trattoria da ISAのこのコンセプトは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家では毎晩、自宅でできているものだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえ、ピザが食卓に並ぼうが、和食だろうが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6人家族の我が家は、

 

食事中はつねに違った風が流れているから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族の会話をする1つのセンテンスにしか過ぎない。

さて、Pizzeria e trattoria da ISAではピザ4枚とサラダをオーダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼きあがりはナポリサイズの約30cmで小さめの皿からははみ出すほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアらしい大雑把、ナポリっぽい不均等なゴツゴツしたカタチはキチンとした日本人とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く異なるから面白いスタイルのPizzeria e trattoria da ISA

生地の中央は薄くモチモチした食感で、額縁はサクッとして大人、

 

 

 

 

 

 

 

 

子供関係なく美味しい! と叫んでしまうほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここPizzeria e trattoria da ISAのスタンスは食べたら、出る!という

 

 

 

ファースト店のそれと似ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからPizzeria e trattoria da ISAでは、ゆっくりと食べるというよりも

 

 

 

 

 

 

とっとと食べて退店するという空気が店内に広がっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pizzeria e trattoria da ISAは人気がありすぎているお店のため、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せわしなく、落ち着かなった。

ピザが大好物としては、Pizzeria e trattoria da ISAようなカジュアルだけれども

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいピザを提供してくれるお店が日本にもっと増えてほしいものである。

大好きガスト@立川南口

我が家の第二の食卓とも言えるガスト。

 

 

 

もうメニューは頭の中にインプットされているのは、子供が店内を把握しているから。

 

 

 

 

 

 

ポテトに日替わり定食。お子様ランチと決まったメニューである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログに挙げるまでもないのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生低学年が書く絵日記的な意味合いだけの簡単なものである。

ミニクーパー60TH@富士スピードウェイ

編集部時代に付き合いのあったカメラマンと今でも年賀状での連絡をしていたら、

 

 

 

 

今年になって「富士で撮影しないか!?」と打診された。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのカメラマンはモータースポーツを専門に撮影するカメラマンで

 

 

 

 

 

富士スピードウェイでオフィシャルカメラマンとして活躍しているのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人ではなかなか回りきれないことから手伝ってほしいとのこと。

まずは暑い炎天下の中、生誕60THとなるクラッシックミニクーパーのイベントがあることから

 

 

 

 

 

撮影に参加した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オフィシャル写真ということで

ミニクーパーだけに特化する撮影

というよりも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士スピードウェイ

ミニクーパーのイベント

おこないました、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という方向から撮影をしてほしいとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらゆる角度から撮る撮影はイメージ的な画角も求められるので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい意味では自由に撮影できて、とても楽しくできた。

評判の悪いORIZURUでの食事。大概はイベントに参加している屋台を見て、

 

 

 

 

選ぶのだが今回はレストランに直行した。

 

 

 

 

 

ロコモコ丼はハヤシライスハンバーグ乗せといったところ。

それでもカメラ2台持って2万歩以上歩いたので、ヘトヘト感が身体中を気持ちよく流れた。

ロイヤルホスト@桜新町駅前

以前、ミックスグリルが気に入っていたので再度、

 

 

 

 

 

ロイヤルホストへ半ば強引に子供らに誘われていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、母親が食べたパフェがあまりにも大きくて家族トピックスになっていたので、

 

 

 

 

 

 

 

 

今回食べることになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母親は残したが、子供らはペロリとたいらげた。

この夏、子供らはずっと家でご飯を食べる・・・。

僕らはみんな太陽が好きなんだ@紀尾井町テラス

大好きなお寺で癒やされた後、

 

 

 

気分がいいままに麹町から清水谷公園を経由して紀尾井町テラスを抜けて赤坂へと行くのが

 

 

 

 

 

 

大好きなルートだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ紀尾井町テラスはエントランスがキレイだし、

 

 

 

 

 

 

 

ディスプライが行くたびごとに変わっているので毎回新鮮な気持ちになれるから好き。

 

 

 

 

 

 

 

今回はひまわりが所狭しと並んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな顔を持っていて、また大空に向けた顔がなんとも可愛らしい。

これから暑い日が続き、体感温度が45度なんてありえない日になるだろうが、

 

 

 

 

 

ダルさではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

ひまわりのように太陽に顔を向けて今夏を過ごしていこうよ!

 

 

 

 

 

 

 

ね! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな

梅もと@東急溝の口駅構内

途中下車してまでも立ち寄ってお腹に詰めておきたい食事といえば、立ち食いそば屋だ。

 

 

 

 

 

 

その中でもチャンスが有れば、必ず時間を見計らってでもいきたい時間が

 

 

 

15~18時ラーメン大盛400円だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時間を意識していくのだが、なかなかタイミングが合わず・・・。

今回は曜日ごとのセットメニューをオーダー。豚丼と冷やしうどん。

 

 

で、思ったのだが、冷やしにはわさび、温には七味となんで違うのだろうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

そんなことは、どうでもよく。

 

 

 

 

 

いきおいよくお中に流し込んで返却カウンターであいさつをして退店。

ウィダーinゼリーのチャージよりもこちらの方が速攻チャージに相応しく。

 

 

 

 

 

次の撮影現場へと向かう。

菜の花@西船橋駅構内

撮影仕事は電車移動が多い。

 

 

 

 

今夏は特に千葉方面が多く、

 

西船橋から千葉駅、

 

もしくは千葉駅からさらに外房線に乗って・・・という具合に都合のいい中継駅となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日も西船橋を経由したのだが、以前から気になっていた立ち食いお蕎麦屋。

 

 

 

 

 

電車待ち時間が長いことからそばくらいならと、サラッと入ってみた。

 

 

 

改札を挟んでいることから構内外からでも入店できるのだ。

 

 

 

 

 

日々、暑い日が続いているのだが、ここは敢えて、かき揚げうどん()をオーダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天ぷらがベチャベチャでうどんにこしがない。

 

 

 

 

見た目、味ともに立ち食い屋のそれとかわらない。

 

 

 

 

 

 

この立ち食いそば屋がいいのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うどんの感想はさておき、他にもこの沿線ラインには多くの個性店があるようなので、

レビューを重ねていきたい。

ロイヤルホスト@桜新町by246

姉が米国から一時帰国していることから家族みんなで食事でもしようということとになり、

 

 

 

急きょ近所のファミレス(ロイヤルホスト)にて食事会をすることとなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供らが全員揃わずにいたのだが、兄弟2人が来て6人でご飯を食べることに。

 

 

 

 

 

 

 

週末のランチ時は混んでいて、なかなか席が空かないロイヤルホスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも大人数での食事会のような感じが多く、

 

 

 

 

アチラコチラで席をつなげて大テーブルとして食事をしているのだ。

朝から運転していたせいでちょうどよく、

 

 

 

 

 

 

 

お腹が空いていたことからガッツリメニューをオーダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

セルフサービスが多いファミレスの中、このロイヤルホストはセルフサービスよりも

 

 

 

 

 

 

 

大概のことをウェイトレスがおこなってくれるから、1つずつ呼ばなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、どこのファミレスでも定番であろうミックスグリル+ライス大盛り単品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボリュームのあるハンバーグにウインナーにチキンソテー。

 

 

 

 

 

 

十分な食べ応えのある内容のロイヤルホスト。

 

 

 

 

 

 

 

ハンバーグは隙間なく、みっちりとお肉が詰まっており、口に運ぶたびに笑顔になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっと言う間に食べ終えてしまい、サイドオーダーをしたポテトフライも食べてしまった。

 

 

 

 

 

美味しいぞ、ロイヤルホスト!

 

 

ファミレスの中でもトップレベルの美味しさに「ごちそうさま」を言うも

 

 

 

トーンの低いロイヤルホストのウェイトレスには通じなかった。

レストランわかしお@ヴェルシオーネ若潮

仕事で千葉県のヴェルシオーネ若潮という婚礼、宿泊、レストランを兼ねた式場に行ってきた。

 

 

 

35周年という記念すべきセレモニーイヤーだが、

 

 

イベントらしきものはなく、ちょっと時代遅れのディスプレイやヴァンケットとなっていた。

 

 

 

 

ホームページ写真も古いし、格好わるいことから新しい改革を提案したくなるほど。

 

 

 

この手の場所はトイレを見れば、すぐにわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

うんうん、やっぱりと思う箇所は多々ある。そんな中、レストランに行ってみた。

ランチメニューではフェアを開催中ということで早速、

 

 

 

ベジタブルフェアのある煮込みハンバーグをチョイスしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルアイテムにも古さが否めず、ちょっと呆れ気味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

輪をかけるようにメニューリストも古く、

 

 

 

 

 

 

 

写真から美味しそうなシズル感がなく、

 

 

 

 

 

 

 

カピカピなメニュー写真からチョイスした。

 

 

 

 

ヴェルシオーネ若潮メニュー写真を撮ってあげたくなるほどだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダーしてから待つこと15分。

お決まりのフォーメーション(メイン・ライス・スープにサラダ・甘味)で

 

 

 

 

 

やっと来たよ!と思い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速スープから味わってみる。美味い! 

 

 

 

 

 

 

 

 

と驚きハンバークにナイフを入れて食べてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉汁がしたたり落ちない、肉ぎっしりハンバーグは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中なで火が通っており、味があるのでソースをつけなくともハンバーグが食べられるのだ。

煮込まれているハンバーグに付き添われているのは、

 

 

 

 

 

 

 

素揚げではなく、茹でただけのお野菜。

 

 

 

 

レンコン、人参、お芋にパプリカにナスやカボチャという根菜。

 

 

 

 

 

 

 

 

色が鮮やかで味もしっかりとあり、

 

 

 

 

 

 

 

野菜が煮込まれた硬さもちょうどいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

デミソースは甘くなく、また酸味が効いているわけでもないため、

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンバーグ、野菜にもそれぞれマッチしている。

美味しいのと、仕事の合間のランチだったため、ゆっくりと食べられなかったのが残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観や建物内のレイアウトのカッコ悪さとは裏腹に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランでは最高のものを食べることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもランチメニューはどれも1000円前後の価格帯でしめられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厨房では、最高の腕を持ったシェフが潜んでいるのだろう。

焼き肉@牛角用賀店

絵面、味やクオリティといったことに今さら感があったのだが、

 

 

 

 

 

 

 

一応のネタとして紹介しておこう牛角

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこのブログ、レビューといったことはここでは紹介しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホットペッパーの広告、割引情報なども楽しめるものではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントががっつり付くわけでもなく、これといって惹きつける魅力がなくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、最近、焼き肉キングにも行ったことがあったので比較レビューにシフトしたい。

キング牛角ともに18:30くらいに来店したのだが、

 

 

 

 

キングの方が平日にもかかわらず、待たされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルに着いたらタッチパネル方式のキングの方が1歩先を進んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためメニューのわかりやすさも上。

 

 

店内の綺麗さも上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄明かりのムーディな雰囲気は肉油のベタベタ感を見づらくしているためかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフのテンションが違っていたのが気になった牛角

牛角はオーダーする前にキャベツのお通しや炭を替える時間など

 

 

 

食べ放題には不要のものをつけてくるとこころも客が離れてくる要因だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでもトップを走り続け得ないということを感じずにはいられなかった。

 

 

 

 

 

 

個人的な総評としては、結果から言うと焼き肉キングの方に

 

 

 

 

軍配があがるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

前置きとして肉の味や質といったものはこの際、除外視していいのだろう。

 

 

 

そこにまで重点を置いたのならば、

 

 

きちんとしたお肉の質が味わえるお店に行けばいいという結果になるため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファミレス化している焼き肉屋事情からの見解は、

 

 

 

 

スタッフのフランクな接客感、店内の清潔感などが印象に残り、来店する方からしたら、

 

 

 

一番知りたい情報だろう。

 

 

 

 

 

今月、2軒も焼き肉屋さんにお邪魔したことから当分、お邪魔することはないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、たまに食べたい! というときにこそ、役立つ情報ではないだろうか。

のっけご飯と中華そば95@羽田空港第2ターミナル

飛行場内のレストランが充実、豊富になっているのはそれだけ、

 

 

空港のクオリティや信頼がなりたっているからだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのお店で何を食べようか、悩んでしまってどれも美味しそうに見え、なんでもいいや! 

 

 

 

 

 

 

 

と開き直ってしまうほど。そんな中で選んだのがここ、のっけご飯と中華そば95

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽田空港内にしかないということもあり、さっそくメニューをみるのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店外にある食券機とニラメッコ時間がつづいてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セットメニューが豊富なのっけご飯と中華そば95は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめセット3の中華そば+とろろ刻みわさびご飯をチョイス。

ラーメンの器が独特なデザインでラーメン用という感じがしない、のっけご飯と中華そば95

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯もキレイに盛られ、どこから崩していけばいいのかと、悩んでしまうほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のっけご飯と中華そば95の店内もスッキリとキレイで一見、カフェのような佇まい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事をし終わっても長居してしまいそうな、

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーでもオーダーしたくなるリラックスできるのっけご飯と中華そば95だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真の中華そばを食べたいなら、ここに来店すべきだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のっけご飯と中華そば95の中華そば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その味の方は、鶏ガラのスタンダードな中華そば。メンマは白く、角切り肉のように分厚い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では家系や二郎系といったこってりパンチの効いたラーメンしかない東京だが、

 

 

 

 

 

 

 

ここにきてシンプルなラーメンが食べられたことに大満足する。

のっけご飯と中華そば95のわさびご飯と言ってもさっぱりと、

 

 

 

 

 

 

冴え渡るのが心もキレイにしてくれるようなご飯だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に「ご馳走さまでした」と、

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛らしくもそっけない女子スタッフに挨拶をして空へと旅立った。

1プレートランチ@関内パセラ

関内駅北口から徒歩5分圏内にある多目的スペースビルディング、関内パセラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビルの各フロア自体が貸し切りパーティスタイルとなっている関内パセラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南国チックなイメージ空間。

 

 

 

 

 

 

 

関内パセラのフードがビュッフェスタイルなのだが、

 

 

 

 

 

 

仕事中ということもあってワンプレートで用意してくれた特別ランチだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唐揚げにポテトフライ、サラダにメインのオムライス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この組み合わせを甘くみくびっていた。

 

 

 

 

キレイにレイアウトされた1プレートに並ぶ、

 

 

 

 

フォーメーションはどれから手を付けていこうかと、

 

 

 

 

 

さらなる食欲を誘うのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにせどれも重いフォードメニューの関内パセラランチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、残してしまったのが、申し訳なく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完食、食欲は僕の取り柄なのだが、ここは完敗してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月末、関内パセラにお邪魔する機会があるようなので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時は、リベンジをする覚悟でありがたくいただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待っていてくれ! 関内パセラ

宇味家@宇都宮駅前店

仕事で訪れた宇都宮。

 

 

 

 

 

 

ココ最近は出張撮影がめっきり減っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラリーマン時代には出張族で全国各地を訪れているので

 

大してテンションは上がらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「宇都宮といえば、餃子だから食べて帰ろう」という誘いのもと、

 

 

 

 

 

 

 

案内されたのがここ宇味家だ。

数年前にもやはり撮影で来た際には

 

 

別店舗の宇味家にきたことがあったため、

 

 

 

 

 

味や見た目に感激はなかったのだが、

 

 

 

 

 

 

 

お腹いっぱいに食べられた幸せは何物にも言い難い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう、宇味家

宇味家でオーダーしたのはスタンダードな焼餃子、

 

 

 

 

 

皮に厚みのある水餃子と揚げ餃子。

 

 

 

 

 

 

 

焼き色からしてもうちょっと焼いてほしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

揚げ餃子ももっと揚げて色をつけてサクサク感がほしかった。

 

フライ餃子というのも宇味家ではあり、

 

 

餃子4兄弟とされている宇味家のラインナップ

 

 

 

 

 

 

フライはさすがにオーダーできなかったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、機会があれば、フライにもチャレンジしてみたい。

ライスも併せてオーダーして完全に

 

 

 

餃子トリオ

 

3種類18個をお腹の中に。

宇味家は駅前店に来訪したのだが、

 

 

1階のお店が気になったのは行列ができていたから。

まるかみ水産@代々木上原駅ビルbyアコルデ代々木上原

1度だけ使ったことのある代々木上原駅。

 

 

 

 

 

 

 

住宅しかないイメージなのだが、

 

 

 

コンパクトにまとまったアコルデ代々木上原駅ビル内は

 

 

 

 

 

ファミマとローソン(コンビニ)やスタバとドトール(コーヒー屋)といった

 

 

 

 

 

 

 

ダブルことのないお店が並ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は仕事で訪れたのだが少々、次の仕事までに時間の余裕があったことから

 

 

 

 

 

 

 

 

アコルデ代々木上原駅ビル内を散策して美味しそうなご飯が

 

 

 

食べられるところを探してみることにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

食べることに対する姿勢「量多し、安い、美味いの三拍子揃った定食があれば!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

程度の考えが軸にあったので、たまたまという具合で入るったまるかみ水産。

店外のランチメニューに唐揚げ定食があったことから確信し、入店。

 

 

 

 

 

 

高台にTVが設置されてレジを囲むような小さなカウンターに着席。

 

 

 

 

 

 

 

 

厨房はセンターにあり、

それを囲うように座席があることからまるかみ水産は、

 

 

 

 

 

 

 

3~5人くらいで来訪するのがベストなお店なのだろう。

まるかみ水産の定食メニューがは8種類くらいある。

 

 

 

 

 

 

 

魚料理が美味しそうで気になってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

どれもご飯、味噌汁、サラダはセルフのまるかみ水産。

 

 

 

 

 

 

 

 

というよりも土曜日の来店でもランチがあるということ自体、嬉しくなり、

 

 

 

 

 

 

普段はかなりの賑わいを見せているのだろう、と察することができるまるかみ水産。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、唐揚げ定食をオーダーし、その間にご飯、味噌汁、

 

 

 

 

 

 

サラダをセルフ盛りだよ、まるかみ水産。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダはレタスにコーンを載せた程度でドレッシングをかける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味噌汁は海藻の具を入れ、汁を入れる。その横にはたくあん、野沢菜などの漬物が並ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥の大きな炊飯器でご飯を盛り、漬物はオン・ザ・ライスというレイアウトにした。

なんの面白みもないテレビを眺めながら、

 

 

 

 

 

また先に漬物をおかずにご飯を食べて待っていると唐揚げが到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんの拳くらいの大きさの唐揚げは、

 

 

 

 

ひなたかなたのそれと比べてはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに小鉢に麻婆豆腐が付いてきたのは嬉しいぞ、まるかみ水産。

 

 

 

 

 

 

 

この麻婆は二杯目に取っておくとして、まずは唐揚げを。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひなたかなたと同じようなテイストの唐揚げには、

 

 

 

 

 

大きな感激は覚えずにただ、モクモクと食べることにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

一杯目のご飯をかなり盛りにしたことから

 

 

 

 

二杯目は普通サイズに麻婆丼にしておかずに唐揚げという贅沢に1人ニヤつく。

最後に「美味しかった!ごちそうさまでした」といい、

 

 

 

まるかみ水産の店員のおっちゃんから笑顔をもらって退店。

 

 

 

 

 

 

 

 

腹パンパンになって次の仕事先へと向かっていった。

田田@立川南口

月にどのくらい立川へ来訪しているのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

この日もまた立川へ立ち寄る機会を見つけたので、お寺に行きがてら、ご飯屋を探すことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、よく通るラーメン屋があったので、ここを・・・と考えていると、

 

 

 

この日は偶然にもラーメン500円の日であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷わず入店し、食券機で500円ボタンを押し、

 

 

 

カウンターのみ店内で順番がわからずに待ち席に適当に腰掛けて待っていると、

 

 

順番待ちの着席もあるようだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気づかずに2番目に座るもあとに来て1番待ち席に座った方がお先にどうぞ! 

 

 

 

 

サインをくれたので早速、かるく会釈してカウンターの端席へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダーの仕方がわからず、ニンニクは?と聞かれ「はい」としか答えられずにいたら、普通サイズが到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厨房を眺めていると、もやしは茹でるのみ。同着でオーダーした隣の方は山盛りで。

ちょっと悔しい感じで食べ始めると、もやしに当然のごとく味がないので汁にひたそうとしてひっくり返すように麺を上になるようにして食べる。

 

 

 

 

 

この汁がメッチャ濃い。飲めないくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味なしの茹でただけのもやしに絡めることで初めてもやしに味が付き、汁が薄まってくる仕組みなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためニンニクや油などもよ~く絡ませる、

 

 

 

いわゆるまぜそばのようなスタイルなのだが、

 

 

 

 

麺がなかなかでてこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出てこないというよりも

そもそも

 

 

 

 

ほとんど

 

 

ないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もやしをたんまりのせられたもんだから、

 

 

 

 

麺が隠れているに違いないと思い、

 

 

 

探しても出てこないのは、麺が元々ないからということになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでは『もやしつけ汁』ということになる。

 

 

 

 

 

 

これで

 

 

 

ラーメンとは

 

 

 

言わせないぞ! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もやしは1袋30円くらいで売っているから汁をつけるだけならば、こんなにも払うのが悔しくてならない。

順番待ちしている間に食べている方の様子を見ていたのだが、

 

 

30cmくらいのもやしピラミッドをオーダーしていた細メガネ君が正解だと。

 

 

 

 

 

 

 

 

このくらいのもやし量を食べなければ、もとが取れない。

 

 

 

 

 

 

 

大きな声であいさつをして退店。

 

 

 

 

 

 

 

心なしか満足のない食事にもう1軒食べに行こうかと、考えながら駅へと向かった。

メンテナンス/PDAギャラップ FOR カメラレンズ

以前、使っていた70−200mmからISユニット付きの初期モデルを購入。

 

 

でもレンズ内のクモリやカビが気になっていたので、

 

 

キャノンを専門にメンテナンスをする修理屋さん/PDAギャラップに相談してみることにした。

PDAギャラップの窓口に問い合わせたところ、

 

 

 

当レンズは、キャノンでのメンテナンスサービスが終了しているため、交換といった類のものはできず、

 

 

 

清掃と調整がメインになってしまうと。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもPDAギャラップに何とか、延命措置をしてもらいたく、藁にもすがる思いでお願いした。

 

 

 

 

 

 

 

配送を含めて1週間かかってPDAギャラップから戻ってきた。

こんな梱包は見たことがない!!!!!!

 

 

というような、上品で1mmのズレもない包み方でレンズが届いた。

 

 

まるで、レンズのベッドを作ってくれていたようだった。

 

 

だから箱から取り出す時は「スヤスヤ寝ているところをゴメンね」という気持ちでレンズを取り出したものだ。

PDAギャラップから「まだまだレンズ内のカビはISユニット内にもあるために完全除去はできませんでした。

 

保湿庫など完璧な状態を保ち続けてください」とのことをPDAギャラップから言われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもPDAギャラップ から戻ってきた時には、厚みのあるダンボールに厳重なエアパッキンで梱包されてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが! レンズも綺麗に磨かれ、レンズを除くと、カビは目視できない。

付属されていたメンテナンス完了シールをレンズに貼ってブランド力と安心感を。

 

 

2019年に修理、点検をしましたシールは今後の目印として十分大事な存在だ。

実際にカメラに装着させて撮ってみると、

 

 

童話にある池に落としたオノが金のおのになって戻ってきたような驚き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉に言い尽くせない感謝メールをして今後の撮影に望んでいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう、

 

 

 

 

 

PDAギャラップ !!!

三是定食@新宿西口/ヨドバシカメラ付近

大食い、大盛りといえば、簡単に食べられるものが安易に想像できる。ラーメンやチャーハン、カレーなど。

 

 

 

 

 

そんなフードファイト的なものがここ最近、続いたことから定食、ご飯ものにこだわってみた。

 

 

 

 

平日だろうが、週末だろうが新宿界隈での路面店はどこも夜10時を過ぎても賑わっている。

 

 

 

 

 

 

 

ここ三是定食は、そんな雑踏の中でも二階に店を構え、静かな空間となっていたので、落ち着いてたべることができた。

路面店よりかは、客数が少ないのは、居心地がいい。

なにせ、自分だけの空間のように感じるから。

 

 

 

 

 

 

 

三是定食は、トンカツ屋さんの看板だが、揚げ物のメニューが多く、敢えてトンカツをチョイスせずにポークカルビを選択した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気の利く三是定食スタッフをよそに三是定食店内を見渡すと、お酒の種類が多く、定食屋だが、こだわりのお酒も飲めるフードよし!

 

 

ドリンクよし!のお店と察する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待っている感覚もないまま、お目当てのものが到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブル備え付けのソースやからしをかけ、フワフワのキャベツの千切りには、レモンを絞って。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ三是定食は、ご飯、味噌汁がおかわり自由の安心店。

 

 

 

 

 

 

 

トンカツ屋さんでおかわりがないと明らかにテンションが下がっしまう。

 

 

 

 

 

揚げたて熱々のポークカツは、これまた熱々のご飯と一緒に大口にかきこむ。

 

ご飯と味噌汁をそれぞれおかわりして腹パンパンにした新宿三是定食の夜だった。

壱七家@立川南口

もぉ、すっかり大好きな街になっている、立川。食べたいものが選びたい放題の街、立川。

 

 

 

 

 

毎回、来訪するたびに何を食べようかと悩んでしまうことから事前に調べてから行くことにしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、今回は違った!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二階にあるおかわり自由の安心店、定食屋さんにいくつもりだったのが、一階のラーメン屋さん、壱七家が行列ができているではないか!!!

 

 

 

 

 

 

 

並ぶつもりはさらさらないが、帰りにご飯を食べようと思っていたので、ランチタイムを外して再び壱七家の前に行くと、行列なし!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっこっこれは!

 

 

 

 

 

 

と思い近づいてみると、

 

壱七家は

 

 

毎月17日は

 

 

 

ラーメンが500円とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格にノックダウンして迷わず壱七家店内へ。

メニュー豊富な壱七家の中でも一際輝いていた500円食券ボタンを押し、

 

 

麺大盛りで味濃いめの後は普通をオーダー。

 

 

 

 

 

 

壱七家はウェイテング中にライス無料で何杯でもフリーダム状態ということを知り、

 

 

 

ライス用意して待っていたら、笑顔になるものが到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壱七家のラーメンというよりも細い縮れうどんのようで、濃厚スープに脂がドロドロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

用意していたご飯とスープで食べると、最強最高伝説が生まれる。

壱七家ラーメンは短く、食べても減らない大盛り盛り。

 

 

 

 

 

 

 

 

先に食べていた隣人よりも早く食べ終わり、即座に退店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣人は、頭にタオルを巻いてご飯をおかわりして食べる気満々のようにおもえたのだが、食べている姿はとても苦しそうだったのが、印象的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ壱七家もこの前のがひなたかなたのように食後に黒ウーロン茶が必要となるお店、壱七家だ。

アメリカンフットボールby日体大

近所に日体大がある。週末に通りかかった時になにやら始まる様子の校舎周り。

 

 

一般人らしき人も続々と入っているのでその波に乗ってついて行く。

 

フィールドではアメリカンフットボールプレイヤーが念入りに作戦・フィールドチェックをして、

今まさにプレイボードがかかるところ。

 

 

 

 

元気のいいチアガールの声援とともに始まったプレイは、ジワジワと日体大チームが相手自陣に攻めていく。

 

 

タッチダウンがきまる。

 

 

 

 

学生時代に遊びでアメフトを経験したことがあることから簡単なルールは熟知している。

 

 

 

 

結局、タッチダウンまで見届けてから後ろ髪を惹かれる思いで席を後にした。

みそ一発@世田谷千歳台/環八沿い

環八沿いにひっそりとあるラーメン屋さん、みそ一発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みそ一発の最寄り駅は、千歳船橋駅になるのだろうか。駅からでは意外にも遠く感じる距離であろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマで来訪したことから駐車場を聞くと「あそこを曲がって、数十メートル行くと」とみそ一発スタッフはいう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウロウロする感じで見つけた駐車場からお店に戻るように行くと、10分くらいは歩いたかと思うほどの

 

 

遠いみそ一発の駐車場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、カウンターのみの店内に入ると、ベテランおやじ3人衆が厨房で連携プレイ全開、手際よく取り組んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食券機を見渡すと、みそ以外にも塩や醤油もあり、ラーメン以外にもチャーハンや餃子と充実したラインナップになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みそ一発では、みそチャーシューメン+餃子をオーダー。野菜大少・油多少・みそ濃薄・麺柔硬を聞かれ、野菜多以外はすべて普通とする。

巨大ピラミッドとまで言わないが、いい量の野菜盛りに感激したぞ、みそ一発

 

 

 

 

 

麺はと言うとほぼないのだろうか、少なのだろうか、野菜を食べているようになかなかもやしが減らずに一苦労。

 

 

 

 

 

 

 

 

みそ一発のチャーシューは厚くもなく、炙っていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

一方の餃子は皮が厚く、しっかりと焼き蒸されていることから肉をしっかりと包んだ申し分のない仕上がりなみそ一発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22時前後に来訪したのにも関わらず、客足は途切れることなく、次から次へと入店してくる、みそ一発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和となった今でも、昭和時代を彷彿させる深夜のラーメンファンいや、みそ一発ファンは、まだまだ多いのだろう。

食べながら、店内観察していると、その名の通り、人気はみそラーメンは思う、みそ一発。

 

 

 

 

 

 

 

一発かました油と味噌の相性レベルがマッチしていた。

 

 

 

 

 

 

みそ一発という名をうつほどなのだから味噌ラーメンが最強なのだろうと思っていると、

 

 

ラーメン+チャーハン+餃子セットメニューをオーダーする方も多く見受けられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

スエットにサンダルといういかにもローカルな客層が目だったような気がした。

 

 

でもそんなスタイルが似合う、みそ一発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は元気に「ごちそうさまでした」と言うと、厨房からも「アザしたァ~ッ!」とお土産の元気をもらい、

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹だけでなく、心も気持ちよく満たされたラーメン屋「みそ一発」だった。

ひなたかなた@立川北口松屋付近

立川へは、お寺があることから、以前からよく通っている。

 

 

 

 

 

前回は相模屋を紹介したのだが、今回は、スルーして反対側の北口に赴き一路、ひなたかなたへと足を進める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここひなたかなたは、立川グルメのトップに入る、男盛りのお店、ひなたかなた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大概のランチメニューは700円で一番人気はなんと言っても1つの大きさが赤ちゃんの顔くらいある唐揚げが67こ入った定食が

 

 

 

 

ひなたかなたエースとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに唐揚げソースの種類(マヨ/ポン酢/塩ダレ)が選べ、

 

 

味噌汁お椀に入ったキャベツの千切り(サラダ)と味噌汁がセットで付く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オプションとしてご飯の量が普通(400g)から大小±200gという設定。

それがこれだ!!!!!!!!!!

急ぎ足でひなたかなた店内の三階まで行くと、12時の時点で2人待ち。

 

 

 

 

あれよあれよという間に列ができ、5分もしないうちに10人くらいの列ができる。

 

 

 

 

 

その列めがけてスタッフがオーダーを取りに店外へと来る。ひなたかなた入り口には「男気」という習字でかかれた立派な文字が。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクワクしながら、待っていると10分ちょいで来店できた、ひなかかなた。

運良く、厨房前のカウンターに着丼でき、厨房の様子をじっくりと見守る。

 

 

ヤングメン1人で切り盛りし、ウエイター女子にメンズ1名というフォーメーション。

 

 

 

 

 

誰一人欠くことなく、邪魔することなく、均等の撮れた動きでスムーズに流れる料理メニュー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着座した右側はオーダー手前の準備スペースとして空けられていたため、誰がオーダーしたものかが一発でわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしぼりにジョッキ水が着丼と同着。続いてオーダーした唐揚げランチが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエイティング時間は店外のみと言っていいだろう。入店してからは、待っているとは感じない。

 

 

 

 

 

 

 

どこからどうやって切り崩していけばいいのか、この牙城(ひなたかなた城)は姫路城か熊本城がというほどの代物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレートには心遣いとして取り皿が用意されている。ここに唐揚げを一次避難されるのだろうと、横目で隣人の食べ方チェック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唐揚げを一通り避難させたら、キャベツはロコモコ風なオン・ザ・ライスにしたのは言うまでもない。

ここ、ひなたかなたの唐揚げは本気で食べなければ、こ残してしまうという危機感が頭によぎっていたからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひなたかなたの唐揚げはそれだけのサイジングだと衣多めも致し方ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

油も多めだったことから、ソースをたっぷりと付けたかったのだが、この量ではソースが干からびてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

無事に完食した時には心地よい達成感が体中を駆け回った。

 

 

 

 

締め会計と同時に「ごちそうさまでした」を言おうとしたら、思わずムセこんでしまったことからモゴモゴしたが、気持ちは伝わったはず。

 

 

 

 

 

 

 

退店後、今度は胃の中でひなたかなたの消化活動がものすごい勢いで実行されているのが、歩き方や言動で感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、電車で1時間くらい揺られて帰宅したので車内では爆睡。

それでも最寄り駅に着いてもまだ、ひなたかなたの消化活動が続き、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みぞおちあたりがムカムカしていたので、ここでさらに炭酸にしてガッツリ体内を攻めるか、

 

 

 

 

 

 

黒烏龍茶でさっぱりさせるか、悩みに悩んだ末、さらに余計なアイデアがひらめいたのでガリガリアイスも大量に買いこんでしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひなたかなたを鎮火するには1日かかると、楽しみにしている晩ごはんにありつけない、と1人心配してしまった。

海の色は赤

夕日に照らさせて遠くに見える山々が、白波のように見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴天の中、バルコニーで焼き肉をすることになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狭いスペースはなんとも言えない空間となり、鉄板から聞こえる食べ物音は快く、食欲を誘う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉少なめの野菜多めで腹八分目が一番の贅沢。

自然の中とまでいかないが、しみじみと落ちる日を眺めながら食べるお肉は普段とは格段に違った。

満州の餃子@清瀬北口

郊外でよく目にする餃子メインの定食屋である満州の餃子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる王将のようなものといってしまえば、それまでなのだが、ここは違った味を求めて満州の餃子に入店する。

満州の餃子で当たり前だが、餃子をオーダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満州の餃子は皮は厚めだが、東秀やバーミヤンの餃子とは一線を画するのはヒダの部分は暑いのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼面の皮は薄いことから包み込まれたジューシーな肉を味わうことができる満州の餃子

満州の餃子は王将や福包の餃子のような上級国民ならぬ、上級餃子の部類に属するものだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルから厨房が見えるのは王将のようなスタイルの満州の餃子に物足りないと言えば、スタッフの元気だろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

餃子が美味しいのだから、満州の餃子のスタッフも元気一杯であってほしい。

巻き煙草byコンビニ/ファミマ

知人とどこにでもある在り来たりのコンビニに入った時のこと。

雑誌コーナーをスルーして飲み物、フードコーナーで物色しても一向に姿を見せない良人。

 

 

 

 

 

 

 

 

後戻りするかのようにまた、雑誌コーナーに行ってみると、単行本コーナーの下段をジッと見ている。

 

 

 

 

 

 

 

近づいて「なんですか?これ」と尋ねると、

 

 

 

 

 

 

 

 

「あっ!これ。これは巻き煙草。ほら!フィルターや葉っぱ、紙があるでしょ!」って。

 

 

 

 

 

 

 

 

よ~くみたら、この巻きタバコは世界各国の銘柄を網羅しているかのようにラインナップされている。

 

 

 

 

ドイツ、コロンビアやメキシコといった国々の葉っぱや紙が揃っている。

 

 

 

 

 

 

しかも葉巻までもが1本/200円位で売られているのだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこにでもあるコンビニで巻きタバコがだ!

カラフルなパッケージに煙草という概念が消え、自分でも選んでみたくなるような気分にもなる、巻きタバコ

 

 

 

 

 

 

 

自販機で売っているタバコいだけでも沢山の銘柄があるのに巻きタバコにもこんなにも種類があるのかと、驚かされてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今、タバコを吸う人が端へハジへと追いやれている。それでもマナーを守れば、禁煙者ろの距離も保たれるのではないだろうか。

令和元年初日

令和スタート。

 

 

新しく元号が変わったことを境に自身でも変わっていこうかと、考えたことがある。

 

 

 

 

 

まず

①宅飲みの禁止

令和元年からは家では飲むことをやめることにした。と言っても外でガンガン飲んでいるのかと言うと、外では大して飲んでいない。

 

実際は飲むことを辞める! に近いこととなる。

 

 

 

 

 

 

 

令和元号が決まる前、この宅飲み禁止は天皇が退位を発表してから、それに合わせるかのように徐々に進みめていった自己改革。

 

 

で、最近では飲んでも美味しい感は得られないし、平成最後の昨日、区切りとして昼から飲んでいたのだが、

 

 

それほど量が飲めなくなり、しかも酒があまり美味しく飲めなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

飲んでも楽しくなれないし、飲んだ次の日にくる記憶がまったくない状態や二日酔いといったものが邪魔になってきたのだ。

 

そんなことを考えてしまうと、さらに飲むことをためらうし、それほど人生の中で酒が必要なポジションを担っていないことを知る。

 

 

 

 

 

 

また「飲みたい!」って思う時は大概、仕事後だ。でも仕事後はすぐにクルマを運転することになるために飲むことはできない。

 

前に仕事後に炭酸飲料を飲んだことがあったのだが、それで十分に事足りてしまったことを覚えていたので、

 

仕事後はたいてい、アルコールではなく、炭酸水で十分になっているのも事実。

②仕事のボリュームを上げる

カメラマンとして仕事をしているのだが、令和元年を迎えるにあたって、ここのところ自分のスペックに対する価値を考え直している。

 

 

 

 

 

 

 

令和元年も俺はこの程度なのか!

 

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

この年になっても昭和、平成、令和元年と、どうしても人と比べてしまうところが抜けなく、自分のレベルを計ってしまう。

 

 

 

令和元年は「人は人」。「自己を持って」とか言うけれど、チラチラ気になって仕方がない。

 

 

ということは、自分の撮影にまだ、自身がないということなのだろうか。

 

 

 

もう一度、自分のスペックを見つめ直し、令和元年に合わせて認識・確認して今後の撮影ワークのテクや経験を増やしていきたい。

平成最高

平成最後となる今日、何度ともなく過ごしているのだが、天皇陛下の感謝にはもったいなくも感じてしまう。

何も変わらないことに、普段の行いができていることに感謝をする。実は、これが一番、難しくも簡単なのだ。

ありがとうございました、平成。当たり前に過ごすことができました。そして令和。これからもよろしくお願いいたします。